海津大崎の桜

Vol.25

「海津の桜は本当に良いですよ、一度見に来たらどうです?」
今津の現場の時によく行った喫茶店「望雁」の奥さんからそう言われていました。
海津大崎は今津町の北 マキノ町にあります。
琵琶湖に沿って4000本の桜並木が続きます。

   

岐阜を出たのが午前11時、普通だと2時間の道のりですから
午後1時には着いているはずなのですが・・・
「望雁」に着いたのが午後4時半・・・

「すごい渋滞でほんとうに参リました」
「何で日本人は、同じ次期に同じ場所に集まりたがるんかね」
「・・・」
「で、桜はもう見たの?」
「今晩『吉平』に泊まって、明日の朝、見ながら帰ろうと思います」
「それがイイかもね」

「民宿『吉平』は愛想は悪いけど、料理はイイみたいだから」
望雁の奥さんの言う通り、旨い夕食でした。
稚鮎の天婦羅が最高だったかな!
朝7時に朝食を済ませて、海津大崎に向かいました。

   

さすがです!

私が今まで見た桜の中では最高です。
湖岸沿いの桜並木というのが格別です。
朝の7時半だというのに相当の人出です。
みんな考える事は一緒のようです。

ログハウスつくりのおかげで、「今津浜」「望雁」「吉平」を知って、
そして、海津の桜まで・・・

来年も「海津大崎の桜」見物を決めました。



 

こらむトップへ