ヨット教室

Vol.33

ヨット教室に出かけました、
場所は三重県北部にある「河芸マリーナ」
もちろん初めての挑戦です。

ディンギーと呼ぶ1〜2人乗りの小型ヨットです。
それに対して、キャビン、エンジンなどを装備して外洋に出れる大型なものを
クルーザーと呼びます。

不思議ですよね!風上に向ってでもヨットは進みます。
でもそうでなければ、一生帰って来れない事になりかねないわけです。
セールに受ける風が作り出す揚力とセンターボードが横流れを防ぐ事で
風上45°の方向に進めるみたいです???
しっかりは理解はできていません!

  

ヨットの場合、風が全てです。
上の写真の左が風力1、右が風力7、
当然、風が強ければ強いほどヨットは早く進みます。
爽快なのでしょうが初心者の私にとっては・・・

風力3の風で沖に出て、正午前、風が全くなくなりました。
「漕いで帰るぞ」教官が叫びます。
格納してある実にに短いパドルで、交代しながら漕いで岸へと向いました。
なんか「ヨット」がとても好きになりました。

「自然と一体になる」
そんな思いを目指して頑張ってみようと思います!



 

こらむトップへ