X'mas の前

Vol.48

X’mas が近づいたこの時期、街を歩くのはいいものです。
日に日に増してくる寒さも心地よく感じます。

 

商店街・柳ヶ瀬はX’mas に埋め尽くされます。
店先に飾られたX’マスツリーとイルミネイション・・・
そこかしこからダブって聞こえてくるX’マスソング・・・
敬虔なクリスチャンでもないのに、なんかこう暖かい気分になります。
一応、幼稚園は天使幼稚園というクリスチャン系の学校でしたが(関係ないか)

X’mas が待ち遠しいわけでも、楽しみなわけでもないのですが、
きっと、寒さとイルミネーションと音楽のコラボレーションのせいですね!
この時期はまだ年の瀬に見られるバタバタと殺気立った雰囲気が無いのもいいですね。

 

街を歩いていて想い出したことがあります。

30年ぐらい前の丁度今ぐらいの時期だったと思います。
今は全くしませんが、当時は、競輪、競馬、パチンコ、麻雀とギャンブルは一通り
やっていました。

今、ライブドアが買う買わないで話題になっている笠松競馬で、仲の良い友人の実家が
厩舎をしていました、田舎には大きな牧場も持っています。
「今度の・・・レース、・・・・という馬を勝たせるから」
オスの7才、前レースは控えめに走らせ、ゆったりとしっかり調教して
高価な朝鮮人参もいっぱい食べさせました。
「このレースで潰れてもいいから、がむしゃらに走らせるから、調子もいいし」

関係者は馬券は変えませんから、彼はノミ屋に100万以上突っ込んだと思います。
私は私で、多くの人には話せないので、一番仲の良い友人を誘って笠松競馬場に
向かいました、当時の私の全財産を持って、30万ぐらいだったと思います。
(今の年になっての全財産も余り変わりが無いのが少し情け無いですが)

・・・・という馬から総流しです、本命・対抗のところへは厚めに30万を全て突っ込みました。
私の友人もそれなりにです。

そしてスタート。
出遅れます、最下位です。
「大丈夫、これから来るから、大丈夫」
1コーナー、向う正面、2コーナー、3コーナー、そしてバックストレッチ
その馬は順位を上げることも無く最下位でゴール。

私が貧しく淋しいX’mas と正月を送ったのは仕方が無いとして
一緒に行った友人にはその年は会わせる顔が無くて・・・
今あいつらはどうしているんだろうか?

ニサッと薄笑いを浮かべながら歩いているオジサン!
きっと、X’mas 前の変なオジサンに映っているんでしょうね!



 

こらむトップへ