リバーカヤック

Vol.7

飛騨川で比較的流れのゆるい八百津にリバーカヤックに出かけました。
一般的にはカヌーと呼びますが、正確にはシングルパドルで漕ぐ物をカヌー、
ダブルパドルで漕ぐ物をカヤックと呼びます。

カヤックーの魅力は、今までただ見下ろすだけだった川面から今度は見上げる事になる事・・・今まで味わった事のない目線、そう別世界です。
穏やかな流れでは、ただただ静かにカヤックは進みます。
そして激流に漕ぎ出せば、大自然との格闘が始まります。(ウッフ、実は私はこのレベルまで達していません)
のんびりやるも良し、激しくやるも良しです。

夕方、遊びつかれて一杯やっていると地元の人が話し掛けてきました。
「今日は天気がええで、気持ちええうやろ」
「ウン最高やね、おじさんもどう一杯?」
「ありがとう、よばれるわ、でも川は本当にきたななった」
「うん、そこらじゅうの川がそうやね、でもこういう遊びをしている僕らは川を汚さんでね」
「たのむよ!」

 

「もしもし、渓か?お父さんやけど・・・」
「どうしたの?何かあったの?」
「いや何にも無いんやけど、今カヌーをしているんや・・・」
娘の携帯に初めて電話をしてしまいました。

川とカヤックとワインのせいで。



 

こらむトップへ